ほくろの種類を見極めて治療を行ないましょう

保険適用が可能な治療法

考える人

ほくろの料金設定

ほくろの除去治療を行なうときに、気になるのは料金です。ほくろが多い方にとっては、ほくろ一つ一つに除去するお金がかかると、治療費がかさんでしまいます。ほくろの除去治療は、病院や美容皮膚科によっても、料金の設定が異なるので、比較して納得のいく場所で施術を行なうようにしましょう。料金はほくろの状態で変わってきます。ほくろが大きければ除去する深さや、範囲が大きくなるため料金は上がります。ほくろを除去する部分が目や唇などに近い場所も慎重に行なう必要があるので料金が変動することもあるようです。ほくろの除去治療の料金は、病院や、美容皮膚科で違い、1個で1万円と設定しているところや、5mm以下のほくろは一つ5千円、取り放題で4万円など料金設定もさまざまなようです。ほくろが多い方は、取り放題であれば、費用の負担も軽減できますね。ほくろ除去治療にかかる、料金は1個3千円~1万円となっているようです。ほくろの除去治療では、保険の適用は効くのでしょうか?

保険の適用が効くほくろ

ほくろを除去するときは、病院で行なうことで適用されます。2万円で除去した場合でも、負担する料金は3割となりますので、保険適用されると6千円でおさまります。保険の適用ができる場所は、病院や皮膚科です。ほくろ除去で適用されるほくろは、ガン化しそうな悪性のあるほくろです。形がいびつ、大きくなってきているほくろは、組織を取って、検査を行ないます。メラノーマの疑いがあれば、保険の適用がされます。それ以外でも保険の適用ができるほくろは、出血のあるほくろ、大きくなってきているほくろ、生活に支障のあるほくろなどです。すべてのほくろに保険が適用されるのではなく、医師の判断によって保険適用範囲内か決まってきます。美しくなるための、ほくろ除去では美容を目的としているので、保険適用外になります。ほくろ除去治療方法によっても、保険の適用となるものがあります。ほくろをくりぬく手術、高周波・電気メス、メス切除縫合です。このような手術方法は、ほくろを病理検査に出すこともあるので保険適用が可能になります。保険適用で行なえるならば、安くで済ませたいですが、美容皮膚科などで行なわれる自由診療などの除去方法でも、費用を安くおさえることもできるので、さまざまな場所の費用の比較を行なうといいでしょう。

To Top