ほくろの種類を見極めて治療を行ないましょう

ほくろ除去後の経過

ウーマン

レーザー治療手術後の経過

除去治療を行なったあと、ほくろの状態はどのようになっていくのでしょうか。ここでは、よく行われているほくろ除去治療法についての術後経過についてみていきましょう。ほくろ除去には、さまざまな治療法がありますがその中の、レーザー治療に焦点を当ててみていきましょう。レーザー治療は、たくさんほくろがある方に向いている治療方法です。レーザー治療法でほくろの除去を行なったときは、施術した個所がピリピリもしくは、じんじんとすることがあります。症状や痛みは人それぞれ違い、痛みを感じる方、痛みのない方などさまざまです。患部は赤くなっています。術後1週間ほど経ってくると、赤みが増してくることがあります。この状態は、除去治療の失敗ではないので安心してください。傷が目立ち気になりますが、病院や美容皮膚科から処方された、塗り薬や保護テープでしっかりケアするようにしましょう。ケアを行なうことで、皮膚の回復も早くなり、傷跡もキレイに治ります。2週間経過してくると、赤みや傷も順調に治ってきます。傷の周りが盛り上がってくることもあります。施術後1カ月では、色素沈着が現れます。色素沈着が消えなかったらどうしよう・・・と不安になることもありますが、この状態も、数カ月すればよくなってきます。ほくろの保護をしっかり行なっていきましょう。そして術後から半年もすれば、傷跡もきれいになっていきます。ほくろがあったなんて信じられないぐらい分からなくなります。ほくろの除去手術から完全に分からなくなるまでには時間がかかりますが、根気よくケアを行なっていくことが大切です。また、紫外線対策はしっかり行なっていくようにしましょう。

To Top