ほくろの種類を見極めて治療を行ないましょう

術後は紫外線対策をしよう

ドクター

ほくろ除去後のトラブル

ほくろ除去治療方法を行なうときには、術後に起こるトラブルについても知っておく必要があります。ほくろ除去治療では、どのようなトラブルの例があるのでしょうか。ほくろの状態によって、適切な手術やアフターケアがしっかり行なわれていないと、傷跡が陥没した状態になることがあります。術後にかさぶたをはがしてしまったり、薬を処方されたときに正しい使用方法で摂取しなかったりすると、術後にトラブルが発生することもあります。また、肌質によっては、レーザーの治療法で顔に赤みがでることもあり、人によっては半年もひかないこともあるため不安になる方もいます。ほくろは、レーザーによる赤みのトラブルもありますが、除去する大きさによっても、ほくろの部分に赤みの症状が出る場合があります。この赤みは皮膚がキレイに戻るときに大切な期間となっているので、触らないようにしっかりケアすることが大切です。また、レーザーでは、肌の弱い方に照射を強くしてあてると、やけどの様な症状が出ることもあるので注意が必要となります。ほくろの除去治療によるトラブルの中には、除去したところが灰色に変色することもあるようですが、この症状は瘢痕と呼ばれており、皮膚が順調に戻っているので安心して大丈夫です。このようなトラブルは、皮膚が正常な状態に戻ろうとしている証拠でもあるのでしっかりケアを行なっていくことが大切です。ほくろを除去した後はどのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか。

術後はしっかりケアしよう

ほくろを除去した後に行なうケアの仕方は、そのような施術方法でも紫外線対策をしっかり行なうことが重要となります。ほくろの原因となる紫外線を、患部にあてないように保護するようにしましょう。保護する方法は、医師が出す専用テープや、自身でも購入ができる絆創膏などでも行なうことができます。そして、日焼け止めをこまめに塗るようにしましょう。日焼け止めはいろんな商品が販売されていますが、紫外線吸収剤が入っていないか確認することが大切です。赤ちゃん用や敏感肌用の方の日焼け止めが、肌に負担をかけないのでおすすめです。また、最近では、飲むタイプの日焼け止めサプリメントもあるので、手軽に対策できるので気になる方は、チェックしてみるといいでしょう。帽子や日傘などでしっかり対策することも大切です。ほくろ除去後は、紫外線予防対策を行なうことで、肌のトラブルを防ぐことが出来ます。

To Top